MustLoveJapan

多賀大社

観光案内

多賀大社(たがたいしゃ)は、滋賀県多賀町にある由緒ある神社。創建は712年とされ古事記にも登場する。イザナギとイザナギを祀る神社で古くから「お多賀さん」として親しまれている。境内入り口には江戸時代に建てられたそり橋があり、境内全体が神聖な水で囲まれている。社殿も1808年に建立されたもので、庭園は見事である。延命長寿の神社としても知られ現在も多くの参拝者が訪れる。

参拝者情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
近江鉄道彦根・多賀大社線 多賀大社駅から徒歩直ぐ


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 多賀大社

詳細案内

多賀大社
創建:『古事記』以前の神代
主祭神:伊邪那岐命(イザナギ)・伊邪那美命(イザナミ)

多賀大社は、「古事記」にその名が記され「延喜式」には「多何の神の社に座」とあり古くから鎮座していたことが分かる。社殿の造営については、古代から修理・造替が繰り返され現在に至る。芸財の建物は1808年に建立されたものである。

早くより朝廷の崇敬あつく、延命長寿、縁結び、厄除の霊神と仰がれて、元正天皇や豊臣秀吉、武田信玄なども祈願をしている。

そり橋は、江戸初期に建立された。